重説(じゅうせつ)

重要事項説明書(宅建業法35条の所定の重要事項を記載した書面)のこと。
重説は契約が成立する前に宅建主任者が説明します。
プロの不動産業者が調査して客観的に物件を説明する書類だと思ってください。
所定の項目を全てクリアします。
売主 貸主 登記簿に記載された事項。 面積 構造 設備 用途 等、、、
物理的なことを説明します。
ここで 発覚するかもしれません。
聞いてないよ。。 いままで見過ごしていた事を発見するかもです。
だから 契約をする前に 行う重要な説明なのです。^^
買主、借主に対して行います。
相手が誰でも(プロでも)、省略できません。
説明場所については制限がありません。
よって
不動産の契約が行われる時は必ず、
重説と契約書(宅建業法では37条の書面と言われてます)
この 2つの書類が あるということです。
 

LINEで送る

お問い合わせメールはこちら

お電話の場合はこちら

検索

アーカイブ

お問い合わせ

関連サイトバナー

Top