確定測量図。

確定測量図、現況測量図、地積測量図、
おそらく不動産売買の時以外には、あまり耳にしない言葉でしょう。
簡単に説明すると、
現況測量図とは、隣接する私有地の所有者との境界確定のみを行って測量された図面、
地積測量図とは、土地の地積(面積)を法的に 確定した図面で、登記されている図面、
確定測量図とは、対象地と隣接するすべての土地(民有地と道路のような公共用地)について境界確認を行い、
それに基づいて作成された図面のことです。

昨今では、土地売買には、確定測量図が必須で、売主責任で作成する、
ということが一般的になっています。
確かに、後になってからのご近所トラブルは避けたいですし、
僅か数cmの違いでも、東京の地価では、数百万にもなる場合もありますから、
神経質になるのも仕方のないことかもしれません。

今回も、例にもれず、買主さまからは、確定測量図を求められ、
売主さまの手元には確定測量図がなく、あらためて測量することになりました。
お隣との境界立会は、民民、民間人同士ですから、日にちを合わせれば、
通常の場合、確認の印鑑を頂くことはそう難しいことではありません。

ただ、道路との境界、今回は、区道との境界は、役所の都合もあり、
数カ月の時間がかかることも少なくありません。

ところが、今回の場合、まさに「案ずるより産むが易」、
品川区の地籍調査が済んでいたのです。
「衛星からの写真で、地積を確認しているエリアなので、
あらためて、地籍調査をする必要はありません。」
「???」

土地家屋調査士の言葉も、すぐには理解ができませんでした。
あまり聞いたことがない説明だったのです。
今は、疑問に思ったことを、ネット情報はすぐに解き明かしてくれる、凄い時代。
早速、ネットで調べてみると、確かに地籍調査済み、と書かれたエリアでした。

但し、調査済のエリアは、品川区の場合、約5%という事も分かりました。
しかも、昭和26年のデータを基に作成しているとか。

今回のケースは、確かにラッキーでしたが、
現実の時の流れ、進化する情報の速さからすると、100%完了でも良いのでは?
何だか、割り切れない思いに駆られてしまいました。

お住まいに関するご相談は、
広尾不動産
電話 03-3444-0111
または、メール kumabe@majunior.co.jp で、
隈部までお気軽にご連絡ください。

LINEで送る

隈部かづえのブログ

会社概要

広尾不動産 マジュニア株式会社

東京都渋谷区広尾
5-8-12 広尾飯田ビル1F
「広尾駅」より徒歩5分
TEL:03-3444-0111
FAX:03-3444-0112
東京都知事(4)第77858号
営業時間 : 10:00~19:00
定休日 : 水曜定休

会社概要
渋谷区、広尾の不動産のことなら、総合不動産会社のマジュニア株式会社

Top