ランチタイム

201005291223001.jpg
スタッフが携帯で、
「はい!僕 昼食とりませんから。大丈夫です。」
とりませんから?? って・・・ (^^)
恐らく、電話の向こうで 
「12時ごろ いかがですか? あっ! 昼休みですよね、じゃあ〇〇〇」
みたいな会話でもあったのでしょう。
まあ
でも
あながち、まんざら嘘でもない。
最近のスタッフは昼食をあまりとらない。
よって 決まった昼休みタイムは実際ない。
感じてから
行動しようよ!
返答しようよ!
生返事禁止。
本能回帰。 
≪慣習禁止命令≫を前に僕が出したんだけど・・・ 
浸透してきたのか^^
お腹がすいてから、食べたいと感じたら、それは正解。
で 食べる。
201005291223000.jpg
人間は動物な訳だし、
野生の動物は、意味もなく食事なんかしない。
お腹が減ったら、(動けなくなるまで減ったら終わり)(危機管理)
で体力のあるうちに、(獲物を探す。捕らえる)(仕事する。)
で、食事する。
そんな順番が正解なような、気がしてます。(医学的には知りません。)
少なくとも、僕は幼年期から、親に叱られても朝食がとれなかった。
朝 起きて いきなり何もしないで 食事は無理だった。 
喉を通らない。
時間がきたら食べなきゃだめ。っていうのは強制で脅迫だ。
やっぱり お腹が減ってから食べるほうが、毎回 美味しい!
その方法は、一生の食事が全て美味しくなる方程式です。
美味しくなければ食事じゃない。
ということで
時間がきたからやる。
とか 
やめる。とか 
食べる。とかは、
やめましょう!
そう思います。
本能に問いかけましょう。
まずは食事から。
少なくとも おなか減ってもいないのに、  
今日何食べよかな? あと10分後 昼休み 食べなきゃ。。
昼食なにする? どこ食べに行く? 
みたいな会話や行動は、僕は興醒めします。
(今のスタッフには、一人も居ません^^)
「そんなんしか ないのか?」
社長としてというより、人として
魅力を感じません。
自分(慣習)に騙されず 
もう一度だけ 更に 問いかけてみたら?
それで 感じたら 
やる。
そう感じた人は、
試しに どうぞ。
生活が豊かになったり、ダイエットになったり
するかも?^^